8/4

夏の夜、胃痛のような蒸し暑い雨が降る。

電車はもう来ない。線路に傘を差した霊。私はやはり嗤われている。なのに。

 

殺してください。なんの希望もなく。